きものレンタル藍や | 鹿児島


質問 支度をする美容室まで配達してもらえますか?
答え

申し訳ございませんが、配達・引き取りを弊社で承ることはできません


お手数をおかけいたしますが、お客様ご自身で美容室へお持ち込みください。

また、美容室スタッフ等による返却代行も受け付けておりません。必ずご本人、もしくは家族の方がご返却ください。

※衣裳の行き違いなどによる確認ミスが多くなるのを防ぐためです。
間違いが起きた場合には、お客様ご本人の卒業式が台無しになってしまいます。ご了承ください。
質問 レンタル当日に自分で用意するものはありますか?
答え

袴セットレンタルの場合には、肌襦袢・すそよけ(着物用の肌着)と足袋(草履利用の場合)、
着付け補正用のタオル(フェイスタオルサイズ)を3枚ほどご準備ください。

肌着・足袋

袴のみレンタルの場合には、お申し込み時に弊社スタッフより準備いただくものを案内いたしますので、
ご準備ください。(事前にお持ちいただければ、確認させていただきます)

※『足袋』『肌着』『タオル』はもし忘れてこられた場合でも、店頭での新品販売も行っております。
質問 レンタル期間はどれくらいですか?
答え 袴レンタルは3泊4日(卒業式翌日までの返却)のレンタルとなります。(着付け承りの場合には1泊2日)
返却時間は卒業式当日及び翌日の13:00-18:00となります。
翌日までに返却できない場合には、ヤマト運輸(宅急便)での返却も可能です。
ヤマト便(宅急便)で返却を希望される方はあらかじめお申込みいただき、弊社の専用箱及び返却用送り状をご利用ください
※ヤマト運輸便で返却の場合の条件は以下の通りです
  • レンタル日の一週間前までにご申請ください
  • 弊社専用の返却箱(送り状付き)でお渡しいたしますので、同じ箱でご返却ください
  • 卒業式翌日の午前中までにヤマト運輸営業所(取次店)へお持ちください
  • 試着なしでご予約の場合(袴レンタルジャパンからの申し込み)、送料は必要ありません
  • 試着してご予約された場合は別途費用が必要となりますのでご了承ください
質問 着付けやヘアセットもお願いできますか?
答え 着付け・ヘアセットも承ることが可能です。
ヘアセットや着付けの時間は、卒業式の時間に合わせて朝6時から承ることができます。
また、着付け・ヘアセットできる場所も数か所準備しています。
※着付け・ヘアセットとも経験豊富なスタッフです。
質問 クリーニングは必要ですか?
答え クリーニングの必要はありません。
雨天等で汚れた場合もそのままお返しください。
雨に濡れた等の汚れでクリーニング代を請求することもございません。
※但し、破損・汚損(食べ物等の汚れ)等により衣裳修復が必要な場合には実費が必要となります。あらかじめご了承ください。
質問 追加の料金が必要な場合はありますか?
答え セットレンタルの場合には、卒業式に着てゆくだけなら表示の料金以外に別途料金が必要になることはほとんどありません。
※髪飾りなどのアクセサリーが必要な場合は、別途1,000円(税別)でレンタルできます。
質問 巾着はカゴ付きとカゴなしのどちらが使いやすいの?
答え それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご利用になる状況によって違います。
スマホや大きめの財布、ハンカチ・ティシュ・メイク道具などたくさんの荷物を持ち歩きたい方は、カゴ付きのほうが中が整理されて使いやすいと思います。
但し、折りたためないので使っていないときには結構かさばるし、見た目がちょっと無骨でかわいさが少し足りないかも。
カゴなしタイプの場合には使っていないときには折りたためてコンパクト。少なめの荷物なら持ちやすく、見た目がカワイイというメリットがあります。
但し、カゴなし巾着にたくさんの荷物を詰め込むと、巾着の形が崩れて女の子らしいカワイさが出ないどころか、かっこ悪い。
※最近の傾向としては荷物を少なくして、カゴなしタイプの巾着を好む方が多いですヨ。
質問 草履の人とブーツの人ではどちらが多いの?
答え 教師・教員に関して言えば草履の方のほうが多い気がします。理由としては学校で脱いだり履いたりし易いからです。
校舎・教室内をスリッパで移動されるときも、草履サイズの袴丈がピッタリ合います。。
また、見た目が『カワイイ』というのも、草履を選ばれる大きな要因かと思います。
ただ、実用面からはブーツ利用のほうが良い面もあります。
例えば、草履だと雨の日には足袋の中まで濡れてしまい気持ち悪くなる可能性もありますが、ブーツなら安心です。
背の低い方はブーツで調整することも出来ますし、卒業式当日、外を歩き回る予定があるならブーツのほうが疲れにくい。
ちなみに袴セットンタルにはサービスの草履も付いています。
但し、草履は消耗品ですので履いている途中で壊れてしまう可能性があります
※新品の草履ではないため、見た目は問題なくても、内部が壊れやすくなっているケースも多々あります
※学校の校庭内での利用程度に留めて、長時間の利用は避けてください

※両方用意しておいて、当日決めるというのはNGです。
なぜなら、ブーツか草履かによって準備する袴の長さが異なるのです。
草履の場合はくるぶし下くらいまでの長さ、ブーツの場合にはくるぶし上くらいの長さで準備しています
なので、迷っている場合には予め草履で予定しておいて、ブーツに変える場合にはカカトの高いものを利用する。
カカトの高いブーツなら草履サイズの袴丈でも、踏みつける可能性は低くなります。
ただ、ブーツで階段を上り下りは踏みつけて転ぶ可能性があるので要注意。